看護学部 看護学領域科目母性看護学・助産学Maternity Nursing・Midwifery

JapaneseEnglish

研究室HP

190604_001領域写真2019

【母性看護学】では、母性とは何かを踏まえ、母性看護の意義及び役割や女性の一生を通じての母子およびその家族への看護に関する知識・技術を学びます。
【助産学】では、妊娠~分娩~産じょく・育児の時期を中心に、母子(胎児含む)とその家族だけでなく、女性の一生に関わる専門職としての助産師に必要な様々な基礎的知識と技術を学びます。(3年生からの選択コースになっています)
【研究活動】は、各教員がそれぞれ自己の研究テーマを持って、母性看護学・助産学関連領域の研究を進めています。共通のテーマとしては、母性看護学および助産学教育の質的向上に資する研究に取り組んでいます。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email:

所属者紹介

教授

  • 矢野 恵子 矢野教授

准教授

  • 北濱 まさみ

講師

  • 保田ひとみ
  • 山崎 智里

助教

  • 河端 久美子

助手

  • 平田 彩夏

主な研究業績

部門別研究業績

  • 矢野惠子,大橋一友,高橋俊一,夏山洋子,糠塚亜紀子,益本貴之,高田智子.(2015).挙児希望女性の一般産婦人科外来初診時期のニーズに関する検討.日本不妊カウンセリング学会誌,14(2),191-196
  • 矢野惠子.(2014).不妊治療における助産師の役割. 児玉正博,他(編),生涯発達の中のカウンセリングⅣ 看護現場でいきるカウンセリング(pp.91-95),サイエンス社.
  • 北濱まさみ,村田美代子,炭谷靖子(2016).産後ケアセンターの現状~韓国産後ケアとの比較から~,富山福祉短期大学共創福祉,11(2),35-41.
  • Boda Hitomi, Nghi Tran Ngoc, Nishijo Muneko, Thao Pham Ngoc, Tai Pham The, Van Luong Hoang, Anh Tran Hai, Morikawa Yuko, Nishino Yoshikazu, Nishijo Hisao(2018).Prenatal dioxin exposure estimated from dioxins in breast milk and sex hormone levels in umbilical cord blood in Vietnamese newborn infants. Sci Total Environ, 615, 1312-1318.
  • Chisato Yamazaki,Shinobu Hasegawa,Keiko Shimada(2016), Development of an electronic partogram for safe and secure labor management, Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University Vol. 40 ⑴,1-10.

主な外部研究資金

  • 矢野惠子・河端久美子、不妊治療の選択・終結過程における意思決定支援カウンセリングツールの開発・検討、基盤研究(C),2018~2020年度.
  • 山崎智里、乳幼児の個別性やニーズに対応できる「災害に備えた保育施設備蓄システム」の開発、基盤研究(C),2018~2020年度.
  • 保田ひとみ、里帰り分娩後から1か月間における初めて母親・父親となった夫婦の3人家族作りの体験、挑戦的萌芽研究 ,2014~2015年度.